借金借換え

多重債務者は「一番初めに借りたカードローンが一番最後まで残る」説

投稿日:

多重債務者といっても、借金にはいろいろな種類があります。

今回は、100万円単位の金額の大きいカードローンを持つ多重債務者のことを言います。

多重債務者が返済を続けていくと「おまとめローンを組む前にカードローンがひとつになる」可能性について見ていきます。

株やFXなどの投機をする人の借金は、カードローンの借入れ金額が大きい特徴があります。

僕の場合、限度額200万円を1つ、限度額100万円を2つのカードローンを持ちました。

これだけでも限度額400万円にもなります。

これらの借入枠がなくなると、金利の高いカードローンやキャッシングなど、いくつもの借金に手を出しました。

そうなれば、僕のような多重債務者となります。

多重債務カードローン

おまとめローンが組めない理由

100万単位のカードローンを2~3つ持ち、その他10~50万円の借入れをいくつもすると、年収と同額または年収を超えることになるのではないでしょうか。(現在は、規制で審査が厳しくなり、そんな多くは借りられないかもしれません。)

僕の借金の総額は、軽く年収を超えました。

おまとめする借金の総額が大きくなる為、おまとめローンの審査に通ることは極めて難しくなります。

おまとめローンの審査に通る為、借入先を減らす必要があります。

必然的に、借入れ残高が少ない借金、金利が高い借金から返済していくことになります。

家族の助けをかりて、信用情報に載る借金は、3つまで減らせました。

でも、借入れ残高は、年収の半分以下にすることはできませんでした。

実際に落ちたおまとめローン

2018年
前年税込年収:480万円
申込み借入額:400万円

今年2019年
前年税込年収:450万円
申込み借入額:300万円

実際に、おまとめローンには通りませんでした。

今年は、金利の高いおまとめローンには通りましたが、完済までの支払い利息が増えますので諦めました。

おまとめローン以外で返済するしかない

金利が高い借金、または借入残高が少ない借金から返済していくしかありません。

僕の場合、家族の助けと保険契約者貸付を利用しても、ジャパンネット銀行200万円・住信SBI銀行100万円・バンクイック100万円が残りました。

バンクイックは、ろうきんで借り換えを行い1年かけ、今月完済しました。

でも、現在もなおジャパンネット銀行と住信SBI銀行のカードローンは、限度額近い借金が残っています。

最後に残るカードローン

初めて借りたカードローンが、一番金利が低いケースが多いと思います。

多重債務者がおまとめローンを組めない場合、最後に残る借金は、一番初めまたは当初に利用したカードローンになるのではないでしょうか。

今後、僕は借入れ金額を総額200万円まで減らします。

それでも、おまとめローンが組めなければ、一番初めに借りた住信SBI銀行カードローンが最後まで残ります。

おまとめローンを組むことを諦めたわけではありませんが、そんなシナリオも見えてきました。

ろうきんさんで審査の通った金利の高いおまとめローンを断る際に、担当者の方から言われました。

「借入金額を減らしても、審査(金利の低いおまとめローン)に通るとは限りませんよ」

この言葉がひっかかっています。

単なる営業トークであってほしいと願っています。または、僕の毎月の高額返済額を見て「まとめたら返済が楽になり生活も楽になりますよ」と思ってくださり、言ってくれた言葉だと信じたいです。

「一番初めに借りたカードローンが一番最後まで残る説」検証中でございます。

ご覧下さりありがとうございました。
            にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
債務・借金ランキング     ブログ村

-借金借換え

Copyright© 多重債務なパパ【借金ブログ】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.